借金解決 無料相談


借金問題を解決して、人生の再スタートを債務整理から始めよう!

債務整理に良くないイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、言葉自体には悪い意味はありません。 それどころか、債務を整理することで、新たなる再スタートを切ることが可能になるのです。 債務を整理するためには、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などいくつかの方法があります。 それぞれにメリットとデメリットがありますから、自分の状況に照らし合わせて債務整理の方法を選択しましょう。 自己破産の場合、裁判所が認めれば、その時点での債務はすべて免責されますが、ただし預貯金などの資産がある場合は没収されます。 そして、他の債務が免責されたとしても、滞納した税金は免責されませんから注意しましょう。 個人再生の場合、債務を減額することができますが、債務は3年以内に返済することになります。 また、住宅などの資産を残すことができるのもメリットです。 任意整理の場合、債務の減額、分割払いなどを、任意で相談することになります。 個人で金融機関と交渉することもできますが、個人の言い分をどこまで聞いてくれるかは未知数です。 任意整理をする場合は、専門家に相談したほうが話が早いでしょう。 特定調停の場合、裁判所の調停委員を挟んで債権者と交渉することになります。 任意整理と違い間に調停委員があるため、債権者も交渉に応じてくれることが多いようです。 どちらの方法であっても、債務整理をすることで、債務返済の道筋を決め人生を再スタートすることができます。 もし、現在、債務でお困りなら、人生を再スタートするためにも、債務の整理を考えてはいかがでしょうか。


一人で悩まず、借金問題は日本弁護士連合会「弁護士会の法律相談センター」へ

クレジットカードや消費者金融の借金が返済できない、多重債務で苦しんでいる、最近、過払い請求という言葉をよく聞くが、自分も利息を払いすぎているではないか、知人が借金を返済できなくなり、保証人の自分が借金の肩代わりをしなければならない、このような金銭トラブルに困っている人の多くが、一人で悩みを抱え込んでいます。 借金問題は一人で悩んでいても、なかなか解決につながりません。 法律の専門家に相談するのが最も早く解決できる方法ですが、どの弁護士に相談すればいいのかわからない、弁護士に支払うお金がないなどの理由で、相談するのをためらっている人も多いのではないでしょうか。 日本弁護士連合会では、誰に相談したらよいか悩む人のために、各地の弁護士会に法律相談センターを開設しています。 日本の全ての弁護士が登録を義務付けられている法人組織ですから、安心して相談することができます。 また、今は深刻なトラブルにまで至らなくても、借金の負担が大きくてそのうち返済ができなくなりそうだという人も、早めに相談することで、深い傷を負わないうちに悩みを解決することができます。 料金は、30分の相談で5,000円(税別)です。 30分の時間を有効に活用するために、あらかじめ相談する内容をまとめておきましょう。 借金返済に関する相談の場合は、借金の総額や月々の返済額をメモしたものを持って行くと、相談がスムーズに進みます。 また、借用書などの関係書類もコピーでも構いませんから、持っていきましょう。


連帯保証人は債務者と同等の責任を持つ

よく似た言葉に連帯保証人と保証人があります。 連帯という言葉が付くだけで、保証人よりもずっと重い責任が課せられることをご存知でしょうか。 たとえば、保証人の場合なら、保証人を頼んできた債務者に資金力があるのなら、債権者に借金した本人から取り立ててくれということができます。 ところが、連帯保証人はそのようなことを言うことができないのです。 債権者は、借金した本人にまず請求しなければならないという決まりはありません。 どちらにでも、取り立てしやすいほうに請求することができます。 つまり、連帯保証人には、債務者と同等の責任が課せられているわけです。 自分がした借金ではなくても、その返済を保証したわけですから、自分が借りた借金と同じように返済する義務があります。 借金した本人にお金があったとしても、その借金した本人のところにいって催促してくれたということもできません。 自分が作った借金でもないのに、その借金の取り立てに合い、財産を全部持って行かれたというような話もよく聞きます。 借金の保証をした時、ほとんどの場合に担保を設定すると思いますが、その担保としたものを差し押さえられたとしても文句を言うことはできません。 借金をした本人が普通に生活ができているのに、頼まれて印鑑を押し保証しただけの人が借金に苦しむというようなことも起こってしまうのです。 そのような事態になってもよいと覚悟をして、契約に印鑑を押したのだと判断されてしまうからです。